4月度業態別主要企業販売動向 百貨店反動で3桁増 SM下落も1桁台

小売 統計・分析 2021.05.28 12233号 03面

 21年4月度の業態別主要企業販売動向は、前年同月の新型コロナウイルスの感染拡大で発出された緊急事態宣言で休業を余儀なくされた百貨店が反動で3桁の伸長、総合スーパー(GMS)も2桁増だった。反対に2桁伸長した食品スーパー(SM)が前年割れだったものの、下げ幅はほとんど1桁台にとどめた。
 主要4社の百貨店は前年のコロナの影響が一巡した反動で3月から回復に転じたが、4月はさらに伸長した。三越伊勢丹ホールディングス(HD)が252.6%増、エイチ・ツー・オ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら