11月度業態別主要企業販売動向 百貨店、上げ幅上昇 主要のSMは全社下落

小売 統計・分析 2022.01.12 12346号 03面

 21年11月度の業態別主要企業の販売動向は、10月の緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の解除以降、外出機会の増加で百貨店が前月よりも上げ幅を上昇した。一方、前年同月に伸長した反動もあってSM(食品スーパー)の既存店は主要12社中全社が前年を下回った。総合スーパー(GMS)ではイオンリテールが微増を確保したほか、主要なドラッグストア(DgS)5社もウエルシアホールディングス(HD)以外の4社がマイナスだった。
 主要百貨店4社とも前月に続いて客数がさら

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら