最新記事

ペルーと聞いて「真っ先に思いつくのは?」。友人10人に尋ねると、1人が「日本からの移民が多い国」、1人が「クラウディオ・ピサーロ」(サッカー選手)、そして残る8人は「マチュ・ピチュ!」でした。 マチュ・ピチュとは15世紀のインカ帝国の遺跡で、アンデス山...

もっと見る

人生にとって健康は目的ではない。しかし、最初の条件なのである。

(武者小路実篤 1885~1976)

新型コロナ禍で健康の大切さを痛感するいま、
健康で生きていくには、どうすればいいのか。
各地で伝承されてきた≪伝統食≫に注目すると、
様々な困難を乗り越えてきた先人の〝知恵〟が入っていることに気づきます。
その1つが、紀元前400年ごろに食べ始められた、亜麻の種子<アマニ>です。
ギリシャの医学の父・ヒポクラテスが「腹痛に良い」とし、
9世紀には、フランク国王・カール大帝(シャルルマーニュ)がアマニの効用を評価。
「臣民は、アマニをとるべし」と亜麻の栽培と備蓄を法令で義務づけた歴史もあります。
そこで、当連載では、このアマニを活用した、世界の食をご紹介します。
読者のみなさまが、健康に生きていく〝ヒント〟に出会えることを願い、連載を始めます。

株式会社ニップン

Copyright © 日本食糧新聞社