今日は何の日

7月7日。今日は乾しいたけの日

7月7日は日本産・原木乾しいたけをすすめる会が制定した乾しいたけの日。乾しいたけの旬がこの頃であることと、七夕の「星」と乾しいたけの日の「乾」の音が同じであることに由来する。

農産加工 今日のキーワード: 乾しいたけ

軽くて長持ち。交易品として優秀だった乾しいたけ

鎌倉幕府が自由貿易を容認したので、寿永から承久にいたる30年間は、日宋貿易が非常にさかんだったと伝えられる。

曹洞宗の開祖といわれる道元禅師が、貞応2(1223)年宋に留学して明州慶元府(今の浙江省寧波)に入港した時、阿育王山寺の典座をしている老僧が、道元の乗っている和船に、和椹(日本の椎茸)を求めて来たことが、道元の書いた『典座教訓』に載っている。

慶元府は日本の各種産物の輸入港で、入港する日本の船には椎茸が積まれていたことが知られていたわけだ。典座(テンゾ) というのは禅堂の炊事を司る僧のことである。当時の乾椎茸が天然のものか、人工栽培によるものかはわからない。おそらく前者ではなかったかと想像される。

人工栽培がはじまったのはいつ頃のことか、はっきりしない。 しかし、藩政時代の中期には、 伊豆で栽培されており、寛政年間(1789~1800)に入ると津藩、 米沢藩、白河藩、水戸藩などで 栽培を試みたという資料がある。当時の栽培法は、原木に鉈で傷をつけて、空気中を飛んでくる雌雄の胞子を付着させ、菌糸になって接合繁殖させるという一種の風媒方式である。もちろん、経験からあみだしたもので、植物学的な原理を承知していたわけではない。天然椎茸の発生している気候条件のよいところでは成功し、そうでないところはものにならなかった。領藩体制の確立にともなって、諸藩が領内の特産育成に力を注 いだので、栽培法も大いに進んだものと思われる。末期には 岡藩(豊後竹田)、佐伯、人吉、 薩摩藩などが藩営で栽培し、成績をあげている。

その地方で生産された乾椎茸は長崎に送られて海外との交易品になり、あるいは瀬戸内海を上がって、全国的な商品流通の中心として繁栄している大阪に集中した。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:井口勝啓 ))

サタケ、アレルギー特定原材料等28品目不使用の米粉パン製造技術開発
2020.08.07
伊藤忠食品、21年3月期第1四半期は大幅増益で着地
2020.08.07
ニップン、第1四半期連結業績 コロナ禍の影響で減収減益に
2020.08.07
シマダヤ 秋の新商品 生ラーメンの新規ユーザーの獲得と定着化図る
2020.08.07
6月家計調査 消費支出1.2%減 食品は1.8%減
2020.08.07

インターネッ販売促進事業

タイアップ企画広告一覧

ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル