今日は何の日

11月1日。今日は紅茶の日

11月1日は日本紅茶協会が制定した紅茶の日。 日本人ではじめて紅茶を飲んだのは伊勢の国の船主・黒屋光太夫ら3名である。海難に遭い、ロシアに漂着した黒屋光太夫らは10年間ロシアに滞在し、その間にエカテリーナ2世の茶会に招かれたと言われている。紅茶の日の日付はそれが1979年11月であったことに由来する。

飲料 今日のキーワード: 紅茶

未だわからないことが多い、紅茶のはじまり

緑茶は現在までに4000年以上の歴史をもっているが、紅茶のはじまりについての明確な史実はなく、中国からヨーロッパに伝わったのが17世紀の初めといわれ、「中国緑茶がヨーロッパに運ばれる時に、インド洋上で湿気と高温で自然発酵して、紅茶になった。」という説があるが、これは間違いである。

なぜならば、中国の文献からみて、リネンが茶の分類を発表した1753年頃からみると、当時、茶の樹は紅茶種と緑茶種に分かれており、その紅茶がBohea(武夷…….現在のような完全な紅茶ではない)とよばれ、ブラックの茶であったことと、また、当時輸出される茶の代表的な港は、福建省の厦門港で武夷の茶産地と直結しており、武夷茶の製法は釜炒りによるので、完全に酵素の活性を消失しているため、インド洋上であろうと紅茶が変質することはない。よって、初めからBohea(武夷)であり、ブラック・ティーであったのである。したがって、紅茶の歴史はまだ浅く350年くらいしか経ていないが、現在では世界の茶の生産量は紅茶が75%、緑茶が25%で、世界的には茶といえば紅茶である。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:日本紅茶協会 稲田信一))

マルハニチロ、イタリアに水産物販売会社を設立
09:45
アサヒグループ食品、「ミンティア」「ディアナチュラ」など値上げ
09:30
〔新商品〕ハマグリだしのカップ麺=サンヨー食品
08:09
セネガル大統領と食料危機議論=岸田首相、「ロシアの責任」強調
07:54
ウクライナ穀物の輸出支援=食料安全保障強化へ結束―G7サミット、今夜閉幕
05:20

タイアップ企画広告一覧

営業マンの担当件数倍増 業務用卸が創造するDX戦略と課題
飲食店はご注意!食中毒に備える保険
デジタルワークフローでDX推進
原価変動シミュレーション機能で仕入れ価格の上昇対応
日本の「食」と「酒」の文化を、冷やして世界へ
製造日報電子化システムを導入 業務負担の大幅な軽減を実現
沖縄国際物流ハブ
エネルギー消費量の削減とBCPを実現
NTTビジネスソリューションズ
cccmk
宮崎工業団地
EU産オリーブオイル
NZ食材
アメリカ大豆
麻婆豆腐カップ
サステナブル・シーフード
新しい資金調達の選択肢 電子請求書早払い
食の安全を守る微生物検査のポイント
食品工場のスマートファクトリー化と省力化・自動化
世界のアマニから
世界最大の生産国 アメリカン・チーズを探る
健康・SDGs惣菜にくるみ
ディープラーニング画像検査
プルーンが解決する食の未来
カリフォルニア・アーモンド フェア
EUセミナーレポート
デジタル活用のヒント
異物混入を防ぐ監視システム最前線
知的財産講座
農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉