ヤクルト本社、シロタ株に新知見 糖尿病解明へ可能性

飲料 ニュース 2017.10.30 11611号 02面

 ヤクルト本社は、乳酸菌シロタ株の新たな知見を得た。同菌株を使用したプロバイオティクス飲料の継続摂取が、日本人2型糖尿病患者の腸管バリア機能を強化。患者の腸内フローラを変化させ、慢性炎症の原因となる腸内細菌の血液中への移行を抑制することを初めて明らかにした。今後、糖尿病の発生メカニズムや病態解明、新薬開発に道を開く可能性を示唆している。  今回の研究は、順天堂大学大学院医学研究科の金沢昭雄・佐藤淳子両准教授らのグループと共同で行われた。その成果は、英科学誌「Scientifi

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら