フォーカスin:明治ホールディングス・川村和夫社長 初の営業益一千億円突破

 明治ホールディングス(HD)の川村和夫社長は、5月22日開催のリモートによる決算発表会で、初の営業利益1000億円台達成を明らかにした。コロナ禍の業績への影響は、20年3月期第4四半期で、売上高が前年並みで営業利益は増益。20年2月以降は、健康ニーズの高まりによるプロバイオや乳幼児ミルクなどが増収の一方、在宅時間増で、スポーツ栄養や業務用食品は減収となった。コロナ禍の中、「食品・医薬品メーカーとして、国内外のすべての工場を稼働させ供給責任を果たした」と述べた上で、新型コロナ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら