日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

江崎グリコ「老後と健康に関する意識調査」 「生活資金の不足」「体の健康面」が圧倒的

その他 統計・分析 2019.03.20 11851号 05面

 江崎グリコは、20~60代の男女600人を対象に「老後と健康に関する意識調査」を実施し、このほど結果を公表した。調査では、「人生100年時代に向けた老後の健康意識」や「老後にかかる医療費の認識」などについて聞いたところ、老後の生活での不安は、「生活資金の不足」が約9割、「体の健康面」が約8割と圧倒的に多いことが分かった。また、医療や介護に頼らず健康的に生活できる「健康寿命」の意味を知らない人が約7割、「健康寿命」が平均寿命より10歳も低いことを知らない人が約6割に達している・・・
[全文は電子版会員登録を]