「冷食JAPAN2020」 日本冷凍食品協会、認定制度とHACCPについて講演

尾辻昭秀氏

尾辻昭秀氏

 日本冷凍食品協会常務理事の尾辻昭秀氏は、「冷食JAPAN2020」のセミナーで「冷凍食品認定制度とHACCP」と題して講演し、同協会が運営しているHACCPに基づく衛生管理の手引書などについて解説した。  冷凍食品は、出荷時点の製品安全を保障することが重要で、他の食品群と比較して安全を保障できなかった場合のリスクは大きい。そこで同協会では1970年から冷凍食品認定制度を運営。  2017年にはHACCPでの管理体制の構築や、FSSC22000などとの関連付けなどを行って認定

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら