イヌリン、体内発酵・免疫力向上に重要

イヌリン、体内発酵・免疫力向上に重要:2020年はイヌリンイヤー アジア市場も拡大

総合 2020.10.30 12138号 06面

 水溶性食物繊維の一つとして注目されているイヌリンが成長を続けている。水溶性食物繊維全体の世界市場規模は2000億円(18年)で、このうちイヌリンは約700億円弱を占めるとされる。水溶性食物繊維といえば、日本では難消化性デキストリンが主流だが、グローバルに見るとシェアはイヌリンの方が圧倒的に高い。イヌリンの原料となる由来はさまざまあるものの、特にチコリ由来が最もメジャーで市場を席巻している。
 イヌリンの販売地域別シェア(売上げベース)を見ると、欧州が

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • イヌリン、体内発酵・免疫力向上に重要

    総合

     腸内環境改善による健康効果の解明と啓発活動を行う「腸の奥からの健康を考える研究会」(座長:松井輝明帝京平成大学健康メディカル学部健康栄養学科教授)は10月2日、オンラインセミナー「ニューノーマル時代のヨーグルト ビフィ […]

    詳細 >