あじかん、小学校で「出張巻寿司教室」開催 独自の食育活動を推進

「巻寿司」について学習した

「巻寿司」について学習した

「巻寿司」を作る調理実習も行われた

「巻寿司」を作る調理実習も行われた

 【中国】あじかんは19、20の2日間、広島市西区の広島市立井口明神小学校で出張巻寿司教室を開催した。同社では創業以来、巻寿司用具材を製造販売しており、日本の伝統食である巻寿司文化の継承や普及活動を推進している。  「巻寿司」は古くから“ハレの日”に食べるごちそうとして親しまれてきたが、近年は食の選択肢が増えたこともあり、家庭で食べる習慣が減少傾向にある。同社では、これまでにも巻寿司作りの体験教室などを不定期で開催してきたが、未来を担う子どもたちに日本の伝統食である「巻寿司」

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら