日本水産、プラ問題で方針公表 4視点から有効策

水産加工 ニュース 2020.06.08 12062号 02面

 日本水産(ニッスイ)は4日、「プラスチック問題に対する基本方針」を公表した。近年、社会課題となっている海洋環境へのプラスチック流出問題に対して、ニッスイグループが事業を通じて取り組むための指針とするもの。  漁業・養殖、食品生産、消費、社員個々の取り組み--の四つの視点から、それぞれプラスチック排出を減らすための有効策を明記した。  漁業・養殖業では海洋への流出を減らすため、使用するプラスチック製漁具の材質見直しや管理の徹底により、マイクロプラスチックやゴースト・ギア(紛失

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら