重要性増す知財保護 味の素・不二製油が農水省検討会で説明

総合 ニュース 2015.02.20 11142号 02面

 農林水産省の知的財産戦略検討会は17日に第2回会合を開き、味の素、不二製油などグローバル企業の知的財産関連の担当者から実態の説明を受けた。味の素はコーポレートブランドを世界各国に出願登録しているが、中国の業者などが先に登録していて対応してきた点などを述べ、不二製油は食料品分野で出願数上位を確保することで投資家の適正な評価を受けられ、外国への出願などは費用対効果から選んでいることを説明した。両者ともグローバル化によって知財の保護や運用で重要性が増しているとしている。検討会は5

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら