リンゴ加工特集

リンゴ加工特集:青森県りんごジュース・竹鼻孝為稚社長 スパークリング柱に

農産加工 2019.10.28 11961号 11面
「スパークリングアップル」。すっきり味のドライは若者向けに人気

「スパークリングアップル」。すっきり味のドライは若者向けに人気

 2018年産加工リンゴ原料集荷は、昨年の小玉傾向による減産の影響で、繰り越し果汁在庫が少なかったことにより、初期計画は90万から95万箱目標だったが、4月末で85万5000箱集荷し終えた。年末に原料価格が高騰したことが主たる要因。  商品開発では、青森県産の差別化ニーズ対応に向けての商品開発をキーワードにして、今期よりシャイニースパークリングワインシリーズに取り組んでいる。  新商品は青リンゴタイプのドライで、このため早生種の青リンゴを積極的に原料調達してきた。3月1日「ス

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • リンゴ加工特集

    リンゴ加工特集

    農産加工

     東北農政局が5月に発表した東北の2018年産リンゴ結果樹面積、収穫量と出荷量は次の通りとなった。  結果樹面積は2万7100ha、前年比1%減、収穫量は58万5500t、同5%増。出荷量は52万5300t、同5%増。県 […]

    詳細 >