リンゴ加工特集

リンゴ加工特集:JAアオレン 3年目の加工用園地、作業時間軽減を実現

農産加工 2021.11.24 12327号 08面
加工用園地

加工用園地

 10a当たりこれまで200箱(1箱20kg)取れていたものを1年ごとに1割ずつ増やし、23年に300箱にする計画であった。収穫量1.5倍、生産コストは50%削減する計画。ところが1年目で256箱獲れ、2年目は240箱にとどめようと取組んだが、291箱となった。これだけ多くなっても隔年結果が起きなかった。今年は前年の数量を維持しようと計画し順調にできた。成果で大きいのは作業時間は1反歩に年間289時間かかる。われわれは約半分の150時間を目指している。着色や収穫作業を半分にし

  • リンゴ加工特集

    リンゴ加工特集

    農産加工

     東北農政局は、5月20日現在の2020年産東北のリンゴ結果樹面積、収穫、出荷量をまとめ発表している。それによると、結果樹面積は2万6800haで前年と変わらず収穫量60万0700t、出荷量54万0600t、それぞれ10 […]

    詳細 >