リンゴ加工特集

リンゴ加工特集:山形食品・八鍬知之営業部長 厳しい国産原料調達

農産加工 2021.11.24 12327号 09面
来年10月稼働目指す大型投資のPET無菌充填工場

来年10月稼働目指す大型投資のPET無菌充填工場

 山形食品の原料集荷量は、2019年産が5400t、20年産は5240tでそれほど大きく減少したわけではない。ここ数年5200tから5400t台で推移している。山形県産が3割、残りが青森、秋田、岩手、長野から集荷する。
 20年産は青森県産が多かったため、物流コストなど高い原料価格になった。福島産はふじで、これは同県内で販売されるジュースを生産者から製造委託されているものだ。
 今期の搾汁は9月から始まった。早生種つがるから積極

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • リンゴ加工特集

    リンゴ加工特集

    農産加工

     東北農政局は、5月20日現在の2020年産東北のリンゴ結果樹面積、収穫、出荷量をまとめ発表している。それによると、結果樹面積は2万6800haで前年と変わらず収穫量60万0700t、出荷量54万0600t、それぞれ10 […]

    詳細 >