リンゴ加工特集

リンゴ加工特集:みやぎ生協・牧野氏 豊かな売場つくる 長期的戦略で輸入品充実を

農産加工 2021.11.24 12327号 08面
弘前リンゴを毎年PRするりんご娘(みやぎ生協幸町店2月22日)

弘前リンゴを毎年PRするりんご娘(みやぎ生協幸町店2月22日)

 ◇みやぎ生協農産部門・牧野博文商務
 リンゴの品揃えを拡大してきた。東北はリンゴ王国・青森があるため長野産を知らない。青森以外で岩手、秋田、山形産も流通している。このため長野産に手が伸びない。売場に意識的に長野産を並べている。特定品種だけ販売していたのでは満足いただけない。リンゴはほぼ年間通して食べられる重要な果物と位置付けている。青森に限らず品揃えしようと施策を打ち出し4年になる。
 はじめはなじみのない品種に人気がなかった

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • リンゴ加工特集

    リンゴ加工特集

    農産加工

     東北農政局は、5月20日現在の2020年産東北のリンゴ結果樹面積、収穫、出荷量をまとめ発表している。それによると、結果樹面積は2万6800haで前年と変わらず収穫量60万0700t、出荷量54万0600t、それぞれ10 […]

    詳細 >