ドラッグストア特集

ドラッグストア特集:数字から見るドラッグストア コロナ禍で伸長率に差異

小売 2021.06.14 12243号 10面
コロナ禍で食品の購入先としてDgS業態の存在感が増した

コロナ禍で食品の購入先としてDgS業態の存在感が増した

 日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)が公表した2020年度版「日本のドラッグストア実態調査」によると、全国総売上高は前年比4.6%増の8兆0363億円だった。統計の始まった2000年時点では2.6兆円、10年は5.6兆円規模であり、20年間にわたり拡大基調が継続している。この間、売上高が3倍になる一方、店舗数の増加は2倍弱にとどまる。1店舗当たりの売上高が増え、チェーンの集約が進む中での市場拡大だった。コロナ禍ではインバウンド需要が壊滅する中、ドラッグストア(DgS

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • ドラッグストア特集

    小売

     10兆円産業にふさわしい社会的インフラとしての役割が期待されているドラッグストア(DgS)業界は、予防・治療・介護を支える地域のワンストップサービスの拠点として進化の途上にある。DgSは食品に顧客の目的来店性を高める目 […]

    詳細 >