ドラッグストア特集

ドラッグストア特集:DgSの食品強化策 生鮮に本腰、新サービス創造も

小売 2021.06.14 12243号 08面
トモズとサミットの協業で取り組む健康サポートコーナー

トモズとサミットの協業で取り組む健康サポートコーナー

 食品の拡充を進めるドラッグストア(DgS)で、生鮮の取り扱いに本腰を入れるチェーンが出始めている。ツルハHDは青果・精肉の取扱店を約700店に拡大、クスリのアオキHDは地方の食品スーパー(SM)の買収を意欲的に進める。また、トモズのようにSMと連携して新しい健康サービスの提供を試みる動きもある。(宮川耕平)

 ●SM買収やノウハウ活用広がる
 食品の購入チャネルとしてDgSが

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • ドラッグストア特集

    小売

     10兆円産業にふさわしい社会的インフラとしての役割が期待されているドラッグストア(DgS)業界は、予防・治療・介護を支える地域のワンストップサービスの拠点として進化の途上にある。DgSは食品に顧客の目的来店性を高める目 […]

    詳細 >