FABEX2021:ニップン・紙透さち子氏講演 PBFの領域広がる「ソイルプロ」など紹介

紙透さち子氏

紙透さち子氏

 世界的な食糧問題への解決策に加え、近年では技術革新によっておいしさと健康性の両立が進んでいるプラントベースフード(以下、PBF)。ニップンでは、かねてからPBF関連食品の開発・商品化を進めており、領域を着実に拡大している。事業開発部の紙透さち子氏が「中食・外食産業へ向けたプラントベースと商品開発」を講演した。
 PBFは世界的な代替肉の拡大やアイテムの増加、健康や環境意識の高まりなどを背景に、国内での注目も集めている。同社では豆腐の加工技術を応用した

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら