食品ニューテクノロジー研究会「食品開発を見据えた味覚・嗅覚研究最前線」8月24日開催

 日本食糧新聞社主催の食品ニューテクノロジー研究会は「食品開発を見据えた味覚・嗅覚研究最前線」のテーマで久保田紀久枝お茶の水女子大学名誉教授を座長に迎え、8月24日に東京・八丁堀「食情報館」で講演会を開催する。同時にWebライブ配信を行う。
 風邪をひいて鼻が利かないときは食べ物の味が分からずおいしくない。一方、においを嗅いだだけではうなぎかば焼きのおいしさは味わえないというように、味と香りの情報は食べ物の味を認知する上で不可欠の要素であり、互いに切っ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら