食品ニューテクノロジー研究会、「食品衛生行政の最新動向」テーマに開催

 日本食糧新聞社主催の食品ニューテクノロジー研究会は4月12日に東京・八丁堀の食情報館で、「食品衛生行政の最新動向~容器包装PL制度と無添加表示のGL~」をテーマに開催した。日本食品添加物協会の上田要一参与が座長を務め、同会員などWeb受講を含め約60人が受講した。
 講演は、(1)食品接触材料安全センターの石動正和情報調査・広報室長による「食品用器具・容器包装のPL制度法令化の背景と業界の対応状況」(2)日本食品添加物協会・上田要一参与による「『食品