寒天特集

寒天特集:原料動向=20年原藻輸入量は17.2%減 暖冬や業務用低迷で

水産加工 2021.07.16 12262号 09面
原藻相場が落ち着きを見せ始め、寒天業界からは安堵の声も(伊那食品工業の原藻倉庫)

原藻相場が落ち着きを見せ始め、寒天業界からは安堵の声も(伊那食品工業の原藻倉庫)

 ◆高騰一段落、漂う安堵感
 財務省貿易統計によると、20年の寒天用原藻(紅藻類テングサ科)輸入量は1433tで、19年より17.2%減った。ここ数シーズンの暖冬続きで天然製造がはかどらず、製造各社が十分な原藻在庫を抱えていることや、コロナ禍による業務用関連の需要低迷が影響したもようだ。
 10kg当たりの平均価格は5894円で、18年平均を677円、10.3%下回る安値だった。7244円まで跳ね上がった17年ごろの高騰が一段落

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 寒天特集

    寒天特集

    水産加工

     伝統と先進性を併せ持つ寒天。豊富な食物繊維による健康機能の認知度拡大、物性開発の進展による新市場の開拓などで堅調な需要を維持してきたが、長引く新型コロナウイルスの感染拡大による業務用市場へのダメージが積み重なり、厳しい […]

    詳細 >