胃心伝真-酒類業界の今後

総合 コラム 1992.02.26 7340号 1面

近年の酒類業界の構造変化は著しい▼酒税法改正に伴い輸入洋酒が急増し、国産ウイスキーが大きな打撃を受けた。また酒販免許の緩和で大手スーパー、CVSへ免許が拡大する一方、酒ディスカウントストアの台頭で旧来型酒販店が経営危機に陥っている。さらに、ソフト志向の影響でハードリカーが低迷、ビールや低アルコール飲料が増加、酔うから楽しむ需要の変化が、急速に進んだ▼この4月1日から実施の清酒の級別廃止でも、清酒業界を占う需要見通しが混とんとして、各清酒メーカーのマーケティング次第では企業の生

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら