育児用調製粉乳・ベビーフード特集

育児用調製粉乳・ベビーフード特集:ベビーフード=潜在ユーザー深耕が鍵

乳肉・油脂 2020.10.28 12137号 10面

 有職主婦の増加や父親の育児参加の増加などの環境変化を背景に、ベビーフード市場は拡大を続けてきた。赤ちゃん1人当たりの使用料・利用頻度もアップし、衛生的に調理され利便性の良さから、抵抗感無く活用が進んでいる。今年に入り新型コロナ禍でこれまでの使用方法・シーンが大きく変化、上期は苦戦を強いられるなどあったものの、引き続き底堅い需要は継続しているといってよい。下期に入り市場は回復傾向にあるが、出生数の減少がさらに進み、これまでとは異なる意識を持つ子育て世代の増加が予想される。新た

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 育児用調製粉乳・ベビーフード特集

    乳肉・油脂

     出生数の減少が続く中でも底堅い需要を維持してきた育児用調製粉乳とベビーフード市場だが、新型コロナウイルス感染拡大による子育て環境の激変で大きな転換点を迎えている。特に外出自粛と在宅時間の増加は生活スタイルに大きく影響し […]

    詳細 >