雪印メグミルク、チューブ包材高でラード価格値上げ

 雪印メグミルクは21日、チューブタイプのラードの価格を改定すると発表した。21日出荷分から実施する。新型コロナウイルス感染拡大に伴う医療用プラスチック容器の需要が増加し、チューブ包材の価格が高騰。企業努力による吸収の範囲を超えるものであることから、値上げに踏み切った。
 今回の価格改定で、現行の税別220円から250円に引き上げる。また、商品名を「ラード」から「純製ラード」=写真=に変更し、パッケージデザインも変更する。(小澤弘教)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら