関西・中国歳暮ギフト特集

関西・中国歳暮ギフト特集:歳暮ギフト「贈る」は4割以下に 飲料・スイーツ中心

小売 2019.11.22 11974号 08面

 近畿圏で、歳暮を贈る主婦は4割を割り込み、平均件数は2.7件。中心価格帯は3000~5000円で、贈る商品はビールなど飲料や菓子類が多い--日本食糧新聞社関西支社は、消費者の歳暮ギフトに関する意識と行動を探るため11月上旬、マクロミルの協力を得てインターネット調査を実施した。その結果、有効回答206人のうち、今シーズンの歳暮を「贈る」と答えたのは74人(35.9%)にとどまり、「贈らない」は132人(64.1%)にのぼった(グラフ1)。年齢は30~34歳が45人で最も多く、

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 関西・中国歳暮ギフト特集

    関西・中国歳暮ギフト特集

    小売

     歳暮ギフト商戦は今月末にピークを迎える。関西・中国エリアの百貨店、スーパー各社は、フォーマル需要が縮小する中で、カジュアルギフトや自家需要への対応など、変わりゆくパーソナルギフト市場をとらえながら、多彩なギフト提案で需 […]

    詳細 >