関西・中国歳暮ギフト特集

関西・中国歳暮ギフト特集:スーパー動向=需要開拓図り底上げ

小売 2019.11.22 11974号 05面

 ●自家用などで切り口広げる  少子高齢化の進行やライフスタイルの変化に伴い歳暮ギフト市場の縮小に歯止めがかからない状況が続いている。今歳暮ギフトについても量販担当者は、全体的に厳しくなると見ている。近年は法人需要の増加が見込めない中、親類・友人・世話になっている人へのあいさつ、催事など個人需要や自家需要の開拓、二極化対応強化、クリスマスやお正月などのハレの日向けギフトの取り込みにも注力することで、冬ギフト全体の売上げ確保を図る考えだ。  今期の売上目標は、オークワは前年比1

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 関西・中国歳暮ギフト特集

    関西・中国歳暮ギフト特集

    小売

     歳暮ギフト商戦は今月末にピークを迎える。関西・中国エリアの百貨店、スーパー各社は、フォーマル需要が縮小する中で、カジュアルギフトや自家需要への対応など、変わりゆくパーソナルギフト市場をとらえながら、多彩なギフト提案で需 […]

    詳細 >