六甲バター、塚本新体制へ 若返りでスピード感 スライス50周年企画を展開

春夏新商品を手にする塚本浩康副社長

春夏新商品を手にする塚本浩康副社長

 【関西】六甲バターは1日、20年12月期業績の振り返りと今期の計画をオンライン会見で発表した。会見では3月25日付で新社長に就任する塚本浩康代表取締役副社長が「若返りによる時代に合ったスピード感を打ち出して発展させる。引き続き開発体制を強化し、新規分野・新規事業を創出する。事業開発部の設置ほか、コミュニケーション&デザイン部ではSNSを活用し、積極的な拡販を仕掛ける。20年期は家庭用チーズは巣ごもりが追い風となり、業務用にはアゲインストの風が吹いた。今期は新たな価値創造で、

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら