1~3月豆乳生産量は前年比0.9%微増 家庭内摂取さらに普及 日本豆乳協会

飲料 ニュース 2022.05.20 12400号 01面

 日本豆乳協会が18日に発表した22年1~3月期の豆乳類全体の生産量は、前年比0.9%増の9万6285klで微増となった。在宅時間の増加や健康志向の高まりから、家庭内での豆乳摂取がさらに普及した。出荷量も生産量と同様の傾向を示しているという。
 分類別では「豆乳(無調整)」が同5.5%増の2万9038klと引き続き増加傾向にある。生産量が最も多い「調製豆乳」は、同0.5%減の4万7370klでほぼ横ばい。コーヒーや紅茶などの「フレーバー系の豆乳飲料(そ