北海道冷凍食品特集

北海道冷凍食品特集:北海道冷凍食品協会・調査コメント 調理冷食1.1%減に

冷凍・チルド 2020.05.15 12051号 10面

 北海道冷凍食品協会は、生産量調査についてコメントした。  調理冷食のコロッケはコンビニエンスストアやスーパーでの売上げ減少や昨年10月の消費増税後、外食関連の業務用資材として苦戦し前年比5.8%減と減少。そのほか、カツ、グラタン、その他調理冷食の増加分を加えても調理冷食合計で同1.1%減にとどまった。  農産物ではスイートコーンが大型台風などの被害で減少したここ数年の数量を上回ったが、2014年、15年の1万2000tには及ばなかった。カボチャも前年を大きく上回ったが、20

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 北海道冷凍食品特集

    北海道冷凍食品特集

    冷凍・チルド

     【北海道】2019年(19年1~12月)の道内冷凍食品生産量は22万2527t(前年比0.9%増)となった(北海道冷凍食品協会調べ)。内訳は農産冷食7万7160t(同3.9%増)、調理冷食12万7369t(同1.1%減 […]

    詳細 >