「一太郎翁とまと記念館」館長に竹内真澄氏が就任

調味 人事 2013.01.28 10784号 07面

 カゴメ創業者の蟹江一太郎翁が、初めてトマトなどの西洋野菜を栽培したこととその土地(東海市荒尾町)を記念して09年に設立した「一太郎翁とまと記念館」の館長に竹内真澄氏がこのほど就任した。  同館は、同翁の孫でカゴメ5代目社長を務めた蟹江嘉信氏が私財で建設し同館初代館長を務めたが、12年1月に死去。その後嘉信氏の長女である竹内氏が代理館長を務めていたが、親族の承認を得て館長に就任した。  同館のレストラン「ソル・エ・ソレイユ」は新年に入り改装のため休業となっている。  (海野裕

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら