凸版印刷、群馬センター工場が本格稼働 軟包材のマザー工場に

 凸版印刷はこのほど、ハイバリア軟包材を中心に食品やヘルスケア、産業資材などさまざまな用途・製品に使用される最先端の包装材を製造する「群馬センター工場」=写真=を本格稼働させた。軟包材生産のマザー工場と位置付け、最新鋭の設備を完備した。同工場で生み出した新技術や新製品を国内はもとより、世界市場へ展開することで、包装材事業の拡大を図る意向だ。  同工場の本格稼働により、関東圏での生産体制を強化する。全社の包材生産のマザー工場工場として、安定的な供給の実現

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら