大日本印刷、軟包装用インキをバイオマスへ CO2年間800t削減

パッケージで循環型社会の実現と環境負荷の低減を目指す

パッケージで循環型社会の実現と環境負荷の低減を目指す

 大日本印刷は2021年1月、食品や日用品などの軟包装のフィルム印刷に使用する主要なラミネート用グラビアインキを、植物由来原料を一部に使用したバイオマスインキに変更する。軟包装を製造する国内の全工場で切り替えを進める。取組みによるCO2削減効果は年間800t以上を見込む。
 インキは植物に由来する再生可能原料を使用する。石油由来のインキと同等の物性があり、高い機能を必要とするレトルト、ボイル、電子レンジなどの食品や、詰め替えパウチなど日用品のパッケージ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら