サトウ食品、「ながモチフィルム」で新CM 芦田愛菜を起用

 サトウ食品は8月から「サトウの切り餅」の新CMを全国放映している。「ながモチフィルム」には女優の芦田愛菜=写真(上)=を起用し、長期に高品質を保つ特徴をテンポの良いリズムに乗せて紹介。「いっぽん」には擬人化した新キャラクターの“いっぽんず”がスティック形状を生かしたさまざまな食べ方を提案する=同(下)。

 新CMは、どちらもサトウの切り餅カラーの「赤」を使用し、テンポの良い曲調を使用しており、一風変わった内容となっている。ながモチフィルムは、個包装に酸素を吸収する透明フィルムを使用し、鮮度保持剤なしで製造日から24ヵ月の賞味期間中、つきたての風味と品質を保つのが特徴。新CMでは、この特徴をテンポの良いリズムに乗せて、芦田愛菜がかわいらしく紹介する。

 「いっぽん」の新CMは、ハワイアンソングの「タフワフワイ」の替え歌のリズムに合わせて踊るキャラクターのいっぽんずが、スティック形状を生かし、“もって”“巻いて”“つけて”と食べ方のアレンジを紹介する。(山本大介)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら