伊藤忠商事、ファミリーマートを完全子会社に 事業モデルの転換急ぐ

小売 ニュース 2020.07.10 12078号 01面

 伊藤忠商事は8日、連結子会社のファミリーマートの全株式の取得を目指して株式公開買い付け(TOB)を実施し、完全子会社化すると発表した。ファミリーマートを非公開化することで経営の意思決定を速め、グループ一体となって経営資源やノウハウを効率的に活用する。コンビニエンスストア(CVS)の事業基盤を強化し、新たなビジネスモデルの創出や海外展開を図る考え。非公開化でファミリーマートの経営により深く関与し、大規模な先行投資もちゅうちょなく行い、ビジネスモデルの転換を進める。(山本仁)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら