6月全国百貨店売上高、下落幅の改善大

小売 統計・分析 2020.08.05 12092号 04面

 日本百貨店協会がまとめた20年6月の全国百貨店の食品売上高は1184億6353万円、店舗調整後で前年比11.9%減と前月と比較して33.3ポイントも下げ幅を縮小した。緊急事態宣言の解除を受けて営業再開が進んだため、大幅に改善した。  東京の食品も前月には同50.4%減とほぼ半減したが、6月は同12.8%減にまで回復した。  全国百貨店の食品を含む売上高総額は3829億円、同19.1%減と前月より下げ幅を46.5ポイントも改善した。食料品や衛生用品など生活必需品が好調だったほ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら