代表的なフランスチーズの特徴 柔らかくまろやかな味「ウォッシュタイプ」

1992.05.04 3号 22面

◇ポン・レヴェック(Pont‐I’Eveque)ウォッシュタイプを代表するチーズ。文字通り、塩水や酒で洗いながら熟成させる。ノルマンディー地方の小さな村の名前をとっている。

角型で、わらの跡がついた外皮でおおわれ、ねっとりとした柔らかい中身で味もまろやか。熟成が進むと風味が強くなる。

◇エポワッス(Epoisses)ブルゴーニュ地方産。この地方の地酒マール酒を加えた塩水で洗って熟成させる。

かのブリアサヴァランが「チーズの王様」と讃えたすばらしい風味は慣れない人にはかなり強烈。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら