話題の店WATCH:ジュワッと溶けるトースト付き 斬新過ぎる焼肉提案!!

2020.08.03 498号 16面
ざぶんすき 1人前 1,400円(税抜き)タレが絡んだざぶとんとガーリックバターが染みた食パンを、スタッフがロースターで焼き、巻いて提供。卵黄を絡めていただく。錦糸町店限定メニュー

ざぶんすき 1人前 1,400円(税抜き)タレが絡んだざぶとんとガーリックバターが染みた食パンを、スタッフがロースターで焼き、巻いて提供。卵黄を絡めていただく。錦糸町店限定メニュー

東京船盛 1万800円(税抜き)4人前の各種肉を盛り合わせた、同店の名物メニュー。肉もこのように舟盛りで提供すると、気分がアガる

東京船盛 1万800円(税抜き)4人前の各種肉を盛り合わせた、同店の名物メニュー。肉もこのように舟盛りで提供すると、気分がアガる

 ●肉と共に溶ける新感覚

 東京・錦糸町に7月オープンした「東京焼肉平城苑錦糸町駅前プラザビル店」では、斬新な名物メニューを打ち出している。「平城苑」は1970年に創業し、首都圏を中心に全国で30店舗を展開。黒毛和牛を一頭買いし、自社工場で熟成させ、店で料理長が手切りで提供することにこだわっている。

 そんな老舗焼肉店のイメージを覆すような、突き抜けたセンスの新メニューが「ざぶんすき」。ガーリックバターをたっぷり染み込ませたトーストに希少部位とされる“ざぶとん”を巻き、濃厚なブランド卵の卵黄を絡めるという、新しい焼肉の食べ方提案につながる一品だ。

 ガーリックトーストと焼肉の組み合わせは意外過ぎて、味の想像がしづらいだろう。だからこそ、「一度食べてみたい!」と思わせる力がある。また、実際に食してみると、ただ奇をてらった組み合わせではないことが実感でき、驚くほどよく合う。ガーリックバターの染みたトーストが、濃厚でコクのある麩のような口当りと食感になり、それが肉と共に口の中に溶けていく感覚が魅力だ。一度食べたらハマる名物メニューとして、話題を呼びそうだ。

 斬新なこの発想は、「ご飯と焼肉の組み合わせは普通だが、パンを合わせることができないかと考えた。口の中でざぶとんの焼肉と同時に消えていく食感、軟らかさの食パンを探すのに苦心した」(同社広報)という。有名店の食パンなど、さまざまな食パンを試食し、肉と共に一瞬で消える食感、口溶けを追求した末に行き着いたのは「意外なことに、大手コンビニの普通の食パンでした(笑)」と、同社広報は明かす。

話題の店WATCH:植物性メニューの「コメダ珈琲店」新業態オープン

話題の店WATCH:配膳ロボットが活躍するWithコロナの新レストラン

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら