チョコレート特集

菓子 2019.11.21
チョコレート特集

 チョコレートが需要期を迎えた。18年7月の酷暑から一転、19年は7月に限り冷夏となり、各社の単月業績は大幅に増加し「貯金」することができた。一方、8月以降は昨年同様に気温が上昇。残暑も長引き、各社7月の「貯金」を使いながら気温の低下を待った。10月中旬以降やっと気温も下がり、チョコレート商戦は「スロースタート」を切った。17年まで5年連続で伸長した菓子市場も18年、これまで市場をけん引してきた商品の伸びに鈍化傾向が見られるようになり、踊り場となった。19年の菓子市場は、チョコレートが復調に転じるなど明るい話題も多い。19年成長基調に転じさせる、メーカー戦略をまとめた。(青柳英明)