関西中国中元ギフト特集

総合 2020.06.24

 新型コロナウイルス対策により長期の営業自粛を余儀なくされた影響で、立ち上がりが大幅に遅れた百貨店各社の中元商戦。各店舗のギフトセンターでは感染防止への対応に追われ、待合所や受注カウンター座席の間引きや距離確保、飛沫防止シートの設置、通路幅の拡張、予約システムの導入など、可能な限りの三密回避策を推進し、利用者の安心・安全確保に努めている。一方、近年利用者が増加するネット注文のさらなる需要増を見据え、各社とも特典拡充やマニュアル作成などでネット初心者向けの環境を整備。ネット利用への誘導で、センターでの密集回避につなげたい考えだ。商品面では“家ナカ”提案や自宅用限定などの巣ごもり需要対応商材に加え、フードロス削減に寄与する生産者応援型ギフトなど、コロナ禍ならではのニーズ対応を強化している。コロナ禍で商戦スタイルが一新したフォーマルギフト市場。年々縮小傾向にある中で、新たな潮目を迎えた。(徳永清誠)