今日は何の日

7月25日。今日はかき氷の日

7月25日は日本かき氷協会が制定したかき氷の日。「な(7)つ(2)ごおり(5)」の語呂合わせと、制定時の日本最高気温40.8℃は1933年7月25日に山形県で記録していたことからかき氷を食べるのにふさわしい日として定められた。

菓子 今日のキーワード: かき氷

戦後、かき氷はアイスキャンデーやアイスクリームの後で流行した

終戦後(1945年~)は折からの物資不足で小型冷凍機さえあれば、水に甘味と香料を入れてできるアイスキャンデーが全盛となった。その後乳製品の統制が撤廃されてもアイスキャンデーは残ったため、市場のアイスクリームの品質は玉石混交であった。

一方、ソフトアイスクリームは進駐軍と一緒に入ってきて、この機械(ソフトフリーザー) をつくるメーカーもできた。乳製品会社では、このためのアイスクリームミックスをつくり、いわゆるソフトアイスクリーム・ブームが1970(昭和45)年頃まで続いた。そのためフリーザーが喫茶店、食堂はもちろんソバ屋の店頭にまで進出したが、 品質上からも衛生面でも問題があり、アイスクリームの新製品がいろいろ出まわるようになると、いつのまにか流行は消えて いった。

これと前後するようにあらわれたのがアイススティックである。デンマーク製のバー・フリーザーが、1955(昭和30)年頃から大手メーカーにぞくぞくと輸入されたため、ただちに全国にひろがった。製品は1本10円という安価で、しかも品質がよかったため、アイスキャンデーを追いやり、1954年頃からの連 続フリーザー導入による量産とあいまって、アイスクリームはきわめて華やかな時代を迎えた。

またアイスクリームの小売りにコーンが使われていることから、それとよく似たモナカの皮を利用することが考えられ、まず中小メーカーが、ついで1958 年頃は大手メーカーも採用、ス ティックに代わって流行品種となった。そのほか、シェルもの(チョコレートで殻をつくり中に アイスを入れたもの)、3色もの、ドライコーターもの(アイスクリームの表面にチョコレートをコーティングしたもの)などのバラエティー製品が量産され、1965年頃からはみぞれタイプ(かき氷)が業界の寵児となった。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:林 弘通 ))

J-オイルミルズ、「Violife」で新分野開拓 “骨太”戦略遂行でPBF活…
10:00
農水省、118者が「てまえどり」推進 食品ロス削減月間で募集
09:34
アサヒ飲料、「ウィルキンソン」市場けん引 年間3000万ケース目指す
2021.10.20
よつ葉乳業、レトルトスープ市場に初参入
2021.10.20
マルカン酢、米国現地法人生産の有機純米酢を逆輸入
2021.10.20

タイアップ企画広告一覧

食品工場のスマートファクトリー化と省力化・自動化
世界のアマニから
世界最大の生産国 アメリカン・チーズを探る
健康・SDGs惣菜にくるみ
ディープラーニング画像検査
プルーンが解決する食の未来
カリフォルニア・アーモンド フェア
EUセミナーレポート
デジタル活用のヒント
異物混入を防ぐ監視システム最前線
知的財産講座
農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉