今日は何の日

8月2日。今日はカレーうどんの日

8月2日はカレーうどんの日。かつて6月2日が「横浜・カレー記念日」だったことと7月2日がうどんの日であることから、「カレーうどん100年革新プロジェクト」が制定した。

外食 今日のキーワード: カレーうどん

名店のカレーうどんは、スターになるために生まれた

(株)古奈屋代表取締役の戸川貞一氏が、東京の巣鴨で「古奈屋」を始めたのは 1983年のこと。

元芸能プロダクション社長の戸川氏は、オープン当初から「全国に通用するスターが1人いればプロダクションは有名になるが、メニューもタレントと同じなのでは。ならば、ファンを引きつけるための、スターを生み出さなければ」と考えていたという。

そして、当時約20 種類あったメニューの中から、戸川氏が選んだスター候補が「カレーうどん」であった。それは「カレーもうどんも国民食。なのに、そば屋でもうどん屋でも、カレーうどんはいつもメニューの片隅で、看板商品にしているところはない。カレーもうどんも、両方ともおいしければ、ヒットするのでは」という思いからだ。

それから、カレーうどんをスターにするための試行錯誤の日々が始まった。

なかなか納得のいく味にたどり着けな かったという戸川氏のヒントとなったの は、子どものころに食べたカレーの記憶 であった。

大家族用に大きな鍋で作ったカレーは 2日目の方がおいしかったこと、体が弱 く、好き嫌いが多かったため食事のたびに飲まされていた牛乳を、父親好みの辛いカレーにたらしてみたところ、まろやかになり、食べやすかったこと……。こうして、戸川氏の求める「カレーうどん」のイメージが固まった。

カレールウは、豚ばら肉、玉ネギ、ニンジン、リンゴなど20 種類以上の具材が使われているが、「スープを飲むときに、 具が唇に当たり邪魔だから」と、すべて小さく切り、よく炒めてから煮込み、形の残らないなめらかなポタージュ状にして3日越しで熟成させている。そして、カレーの辛さと牛乳によって濃厚なだしの味や香りが抑えられ、コクへと変わった。このなめらかさとコクが、古奈屋のカレーうどんの最大の特徴である。スープを最後まで飲み干す客も多い。

(日本食糧新聞社『近代外食史を刻む!ロングセラー料理のルーツ』)

日本生協連、上期の供給高は微減 冷食好調 前年クリア
2021.10.26
コロナ禍で苦境の老舗企業が挑むDX 老舗和菓子屋・酒造メーカー、フリーランス…
2021.10.26
ボージョレー・ヌーボー解禁日厳守を 業界団体が呼び掛け
2021.10.26
日穀製粉、業務用小麦粉などを値上げ
2021.10.26
東洋食品研究所、第3研究成果発表会を開催 若手研究者が多彩な分野で
2021.10.26

タイアップ企画広告一覧

食品工場のスマートファクトリー化と省力化・自動化
世界のアマニから
世界最大の生産国 アメリカン・チーズを探る
健康・SDGs惣菜にくるみ
ディープラーニング画像検査
プルーンが解決する食の未来
カリフォルニア・アーモンド フェア
EUセミナーレポート
デジタル活用のヒント
異物混入を防ぐ監視システム最前線
知的財産講座
農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉