今日は何の日

11月5日。今日はごまの日

11月5日は全国胡麻加工組合が制定したごまの日。「いい(11)ご(5)ま」の語呂合わせに由来する。

農産加工 今日のキーワード: ごま

カルシウム、鉄分、タンパク質、各種ビタミンなどが豊富で栄養価が高く、健康に良いごまをより多く摂取してもらうことを目的に2017年に「ごまの日」を制定し、日本記念日協会へ登録。日付は、11と5で「いい(11)ご(5)ま」と読む語呂合わせと、ごま和えなどごまと相性のよいホウレンソウの旬の始まりの時期であることに由来する。(全国胡麻加工組合)

老化現象が気になるなら、ごまを和えてみる

ごまの成分は脂質51%、たん白質20%、炭水化物18%、他カルシウムなどと、人間の主要3大栄養素すべてを含んでいる。なかでもごまに含まれる脂質は、人間の生理に有効な作用のある不飽和脂肪酸を多く含んでおり、とくに薬効のある不飽和脂肪酸のリノール酸を、全油脂中40%も含んでいる。これは、血 中コレステロールを除き、血液の循環を良くし、血圧を下げる働きがある。高血圧や動脈硬化など、成人病の予防に役立つといわれている。

また、たん白質についても、人間の成長や健康維持・スタミナ補給に欠くことのできない、ロイシン・メチオニン・トリプトファンなどの必須アミノ酸を多く含んでいる。

その他、ビタミンE・鉄・マグネシウムなどミネラルも豊富に含まれている。

ところで、これら以外にとくにごまが特徴づけられる成分がある。それは抗酸化物質のリグナン類(セサミン・セサミノール・サセモールなど)が多く含まれていることである。

ごまが古くから健康によい食品として認められてきたのは、このリグナン類の働きであることが明らかになってきた。リグナン類の抗酸化機能は、過酸化 物質(老化、成人病、ガンなどの発生原因といわれている)の生成に関与する活性酸素の働きを弱める。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:全国胡麻加工組合連合会))

プラゴミ削減へ、竹製ストローの有料化を試験導入 千葉大の学生団体
2022.01.20
大塚食品、映画のお供に「ゼロミートハンバーガー」 高まる健康意識に新提案
2022.01.20
日本地理的表示協議会が発足 官民でGI普及へ、加工食品の拡大も期待
2022.01.20
日本飲食団体連合会が設立 「強い業界団体が必要」
2022.01.20
22年のビール市場 糖質ゼロ、2社の競争激化 サントリーが一足先に業務用で
2022.01.20

タイアップ企画広告一覧

サステナブル・シーフード
新しい資金調達の選択肢 電子請求書早払い
食の安全を守る微生物検査のポイント
食品工場のスマートファクトリー化と省力化・自動化
世界のアマニから
世界最大の生産国 アメリカン・チーズを探る
健康・SDGs惣菜にくるみ
ディープラーニング画像検査
プルーンが解決する食の未来
カリフォルニア・アーモンド フェア
EUセミナーレポート
デジタル活用のヒント
異物混入を防ぐ監視システム最前線
知的財産講座
農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉