今日は何の日

4月14日。今日はオレンジデー

4月14日はJA全農えひめが制定したオレンジデー。2月14日のバレンタインデー、3月14日のホワイトデーに続き、大切な人にオレンジ色のものを送りあって愛をさらに深める日とされている。オレンジは繁栄や多産のシンボルである。

農産加工 今日のキーワード: オレンジ

戦後のオレンジジュースブームとは

果実飲料は炭酸飲料誕生から約30年後の1897年(明治30年)に、和歌山県有田郡において温州みかんを搾ってびん詰めにした“みかん水”が発売されている。しかし、殺菌方法が厳格に確立されていなかったこともあり内容物が発酵し、びんの破裂事故などが発生。このことから製造・販売が中止され、 果実飲料が実質的に販売されたのは第二次世界大戦後である。

進駐軍による物資にオレンジジュースなどが含まれ、戦後間もない1949年(昭和24年)にはアメリカから「バヤリースオレンジ」の輸入が開始され、清涼飲料水に果実飲料が実質的な仲間入りを果たすとともに、オレンジジュースブームが起きた終戦を経て経済が安定し、生活者の生活も豊かになったことで、清涼飲料水は容器の多様化と品種領域の拡大へと進んだ。

とくに、1955年は清涼飲料水にとって2つの大きな出来事があった。1つは、日本初となる缶入り飲料が発売されたことである。缶詰めオレンジジュースが市場に出現し、これが清涼飲料水における最初のワンウェイ容器となった。もう1つは、清涼飲料水の自動販売機(以下自販機)による販売が開始されたことである。売り場(買い場)が増えたことで、販売量を拡大する大きなきっかけとなった。

当時の自販機は、俗に「噴水ジュース」ともよばれ、販売機の上に半球型や逆円錐型のガラス容器が設置され、その中でオレンジジュースが上に向かって噴出しているもので、紙コップに注がれるタイプだった。缶飲料を販売する自販機が普及する1970年中頃までは、遊園地やデパートの屋上などに設置されて いた。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:一般社団法人 全国清涼飲料工業会 ))

大塚食品「マイサイズ」 食事による健康管理をサポート
2021.05.18
デニーズとロイヤルホスト、食品ロス削減で協働 持ち帰り実証実験に着手
2021.05.18
農産品販売ベンチャーの坂ノ途中 ハウス食品、味の素社などから資金調達
2021.05.18
CJ、「美酢」が年間1000万本突破 韓国発果実酢が再ブーム
2021.05.18
幸南食糧、「農産物加工協会」設立 加工や販売先と連携、6次産業化支援
2021.05.18

タイアップ企画広告一覧

デジタル活用のヒント
異物混入を防ぐ監視システム最前線
知的財産講座
農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉