季節を楽しむ漢方スローライフ(40)夏休み

2013.07.10 216号 08面
イスクラ麦味参顆粒

イスクラ麦味参顆粒

「冬瓜とスペアリブのスープ」

「冬瓜とスペアリブのスープ」

 ●夏休み

 夏空の下で元気いっぱい

  *

 抜けるような青空に蝉しぐれが響く頃、子どもたちが心待ちにする夏休みがやってきます。太陽の下、元気いっぱいに友だちと遊ぶ毎日は、夏の大切な思い出になるでしょう。海水浴や花火大会、お盆の帰省と、家族で出かける機会もたくさん。お母さん、お父さんにとっては忙しい季節ですが、家族で過ごす賑やかな時間もまた、夏休みならではの楽しみです。

 ●夏の不調は「汗」に注意

 夏本番を迎えるこの時期は、気温がぐんぐん上がり、暑さの厳しい日が続きます。連日の猛暑を元気に乗り切りたいものですが、気がつくと夏バテ気味だったり、熱中症を起こしてしまったり…そんな経験がある人も多いのではないでしょうか。

 中医学では、こうした夏の不調は、“過剰な汗”が大きな原因と考えます。汗をたくさんかくと、体内から必要な「水分」や「気(エネルギー)」が失われてしまいます。すると、身体を冷やせず過剰に熱がこもる、エネルギー不足で体力や食欲が低下する、といった状態につながり、熱中症や夏バテの症状を起こしてしまうのです。

 また、体内の水分不足はドロドロ血にもつながるため、五臓の「心」に負担がかかることも。特に高齢者、生活習慣病(高血圧症など)を患っている人などは十分注意しましょう。

 ●「水分」と「気」を上手に養う

 夏の元気の基本は、まず汗で失いがちな水分と気をしっかり補うこと。コップ1杯程度のお茶(冷たいものは控える)などを、日中はこまめに、また入浴前後にも飲むよう心がけ、上手な潤い補給で身体の水分不足を防ぎましょう。

 また、体内の気は食事の栄養から生み出されるため、元気な「胃腸」を保つことも大切です。夏は冷たいものの取り過ぎなどで胃腸が弱くなりがち。食生活に気を配り、胃腸をいたわるよう心がけてください。

 おすすめの食材は、体内の熱を冷ますトマト、緑豆もやし、きゅうり、冬瓜、ところてん、胃腸を元気にするかぼちゃ、いんげん豆、大豆製品、うなぎ、しそなど。

 漢方では、疲労感や食欲不振などの夏バテ症状を和らげる『イスクラ麦味参顆粒』などがよく使われます。

 監修:何暁霞(中医学講師)

 ●ハレの日薬膳レシピ:「冬瓜とスペアリブのスープ」

 身体の熱を冷ます冬瓜を使って

 〈材料・2人分〉

 ・冬瓜………………1/8個

 ・豚スペアリブ……400g

 ・塩…………………適量

 ・こしょう…………適量

 A・ねぎ(青い部分)………10cm

 A・しょうが(スライス)…3枚

 A・酒…………………………大さじ2

 A・水…………………………1.5L

 〈作り方〉

 (1)冬瓜は種とワタを取り、一口大に切って皮をむく。

 (2)スペアリブはたっぷりの熱湯(分量外)で2~3分下茹でし、水で表面の汚れを洗い流す。

 (3)鍋に(2)のスペアリブとAを入れて火にかけ、煮立ったら弱火にし、フタをずらしてのせ、途中アクを取りながら40分煮る。

 (4)(3)に冬瓜を加えて強火にし、煮立ったら弱火にして、アクを取りながら20分煮て、塩、こしょうで味を調える。

 レシピ担当:鈴木理恵(国際薬膳師、管理栄養士)

 ●季節のオススメドリンク

 西洋人参茶 ほんのりとした苦みで爽やかな夏を

 ●夏野菜のきゅうりは、体内の熱を冷まします。

 カレンダーの中からハレの日や旧暦の行事を見つけたら、その由来をお話ししませんか。季節の移ろいを楽しみながら。