中央化学、展示商談会開催 食取り巻くニーズ対応 北斎ブルーなど多彩に

インバウンド需要に北斎柄の容器で

インバウンド需要に北斎柄の容器で

 中央化学は12~13日、東京都品川区の東京オフィスで「展示商談会2020」を開催し、食を取り巻く市場背景やニーズの変化に対して、容器パッケージの新素材・新商品で外食・中食の成長市場にアプローチした。  業界環境は、外食・中食・内食の同質化、軽減税率8%、ドラッグストアの台頭、食品EC(電子商取引)の成長などで多様化・個性化、プライベートブランド強化、差異化・新商品の開発、生鮮ドラッグストアへの挑戦、宅配ネット通販など多様な課題解決が求められている。  こうした中で、同社は世

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら