日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

味噌、内外で高まる需要 16年出荷量9年ぶり前年超

ニュース 2017.02.27 11491号 01面

 味噌の需要が国内外で高まっている。全国味噌工業協同組合連合会(47組合929社)がまとめた16年の味噌の国内出荷量は9年ぶりに前年を上回り、輸出実績も過去最高を更新した。21日に行われた臨時総会で小手川強二会長は、「和食がユネスコ無形文化遺産に登録され、味噌をはじめとする発酵食品の価値が見直されている。この追い風に乗って味噌の魅力を発信していきたい」と、会員企業の奮起を促した。(涌井実)

 16年の累計出荷量は40万9718t(前年比0.2%増)で、前年から約700t増加した...続きを読む

味噌・醤油

  • ニュース

    味噌、内外で高まる需要 16年出荷量9年ぶり前年超(2017.02.27)

     味噌の需要が国内外で高まっている。全国味噌工業協同組合連合会(47組合929社)がまとめた16年の味噌の国内出荷量は9年ぶりに前年を上回り、輸出実績も過去最高を更新した。21日に行われた臨時総会で小手川強二会長は、「和食がユネスコ無…

  • キャンペーン

    発表会で試食した綾瀬はるか。CM同様に自然でおいしそうな表情を見せた

    キッコーマン食品、「いつでも新鮮」新CMは綾瀬はるか起用 若年・減塩消費を喚起(2017.02.27)

     キッコーマン食品は22日から、密封醤油のトップブランドである「いつでも新鮮」で新たなTVCMを投下した。強みにする若年・減塩の消費喚起を加速する。キャラクターに人気女優の綾瀬はるかを起用。インパクトのある食シーンで「新たなファンを作…

  • ニュース

    「トモエ日高昆布しょうゆ塩分カット1リットル」

    福山醸造、「トモエ日高昆布しょうゆ」シリーズを26年ぶり刷新(2017.02.27)

     【北海道】福山醸造は1日、「トモエ日高昆布しょうゆ」シリーズを26年ぶりに刷新した。「トモエ日高昆布しょうゆ」シリーズは、大きな釜で日高昆布を丁寧に煮出し醤油にブレンドする製法を発売当初から守り続けてきたのが特徴。昆布だしの自然なう…

  • ニュース

    春夏の新商品を発表する林善博社長(中央)、牧野直子氏(右)ら

    ひかり味噌、「50%減塩みそ」発売 ニーズ拡大に対応(2017.02.22)

     【長野】ひかり味噌は4月1日、同社の味噌製品で最大の減塩率となる「50%減塩みそ」(カップ500g)を発売する。「長寿県・長野の企業として、徹底的にユーザーの健康に貢献できる企業を目指す」(林善博社長)同社。市場トレンドの「減塩」系…

  • ニュース

    大豆、保存容器、糀、塩がセットになった「国産素材みそ造りセット」

    ひかり味噌、「国産素材みそ造りセット」発売 保存容器付き100セット(2017.02.22)

     【長野】ひかり味噌は、大豆や米麹、塩、保存容器を揃えた「国産素材みそ造りセット」を、22日から100個限定で発売する。

     大豆は、味噌原料として評価の高い北海道産の「トヨハルカ」(1kg)、塩は長崎県崎戸島周辺の海水で作…

  • ニュース

    正田隆社長

    正田醤油、海外が2桁成長 国内新規も加速(2017.02.17)

     正田醤油(正田隆社長)は前11月期、海外向け輸出と現地生産・販売を前年比2桁増と伸ばし、近年の拡大傾向を加速した。国内は主力のつゆ・たれ売上げを微増し全社で増収経常増益となった。今期は好調な海外展開、国内の新規開拓を進め、安定成長を…

  • 決算

    キッコーマン、2017年3月期第3四半期連結決算(2017.02.13)

     17年3月期第3四半期連結(カッコ内は前年比)

     ▽売上高3017億7700万円(2.9%減)▽営業利益262億5900万円(3.1%減)▽経常利益256億5300万円(0.1%減)▽純利益223億9000万円(31.1…

  • ニュース

    リニューアルした「風味一番750g」(下段)と「同減塩750g」

    ハナマルキ、「風味一番」大幅刷新 既存ブランド強化の年(2017.02.10)

     ハナマルキは17年を「既存ブランド強化の年」と位置付け、各カテゴリーの底上げを図る。今春はだし入り味噌のロングセラー「風味一番」を大幅に刷新。新技術でだしを改良し、濃厚なうまみと香りを高めた。需要が伸びている減塩タイプの即席味噌汁も…

  • 人事

    正田醤油、1月28日付役員人事(2017.02.08)

     1月28日付

     ▽取締役相談役正田宏二

     ▽代表取締役社長社長執行役員正田隆

     ▽取締役専務執行役員生産本部長生産本部長宮原潔

     ▽取締役専務執行役員営業本部長営業本部長平田満也

  • ニュース

    宮坂醸造、即席味噌汁2品拡充 無添加減塩をテコ入れ(2017.02.03)

     宮坂醸造は春の新商品として、3月1日に乳酸菌入りの即席生味噌汁や食べ応えのある大きな揚げナスを使用した即席味噌汁を発売し、即席カテゴリーを拡充する。現在発売中の味噌「無添加減塩」シリーズではプレゼントキャンペーンを行い、販売のテコ入…

  • ニュース

    「味噌踏み」の熱気に包まれた寒仕込み

    ひかり味噌が寒仕込み 寒さ吹き飛ばす「味噌踏み」(2017.02.01)

     【長野】ひかり味噌は1月27日の早朝、毎年恒例の「寒仕込み」を、飯島町の飯島グリーン工場で行った。昔ながらの味噌玉を使った天然醸造の仕込み作業で、均一な発酵を促すために味噌を足で踏みならして空気を抜く「味噌踏み」を社員らが行うと、工…

  • 決算

    濱口道雄社長

    ヤマサ醤油、3期連続で増収 特販事業部がけん引(2017.01.27)

     ヤマサ醤油(濱口道雄社長)は前12月期売上げを3年連続で伸ばし、過去最高の業績を更新した。特別注文・加工を担う特販事業部が拡大し、堅調な既存家庭・業務用の国内営業本部に上乗せした。NB商品も「鮮度」系醤油や「昆布つゆ」「まる生ぽん酢…

  • セミナー・催し物

    武田信彦 テンヨ武田社長

    テンヨ武田と武田食品、新年互礼会開催 地域貢献真ん中に(2017.01.27)

     【山梨】醤油、つゆなど製造のテンヨ武田と食品卸、武田食品は19日、笛吹市のホテルに取引先を招き、新年互礼会を開いた。テンヨ武田の武田信彦社長は、「今年で創業145周年。山梨の味を大切に、地域貢献を真ん中に置いて頑張りたい」と抱負を述…

  • ニュース

    マルコメ、17年春夏新商品 多彩な発酵食品展開 総合色鮮明に(2017.01.25)

     【長野】マルコメは今春夏、甘酒や大豆ミートを使った惣菜の素、野菜や肉、魚の漬け込み味噌のラインアップを強化する。「味噌」「糀」「大豆」の3カテゴリーをコア事業に、総合メーカーへ進化を目指す同社。青木時男社長は12日に東京都内で開いた…

  • ニュース

    日本の朝を元気にするマルコメと「モーニング娘。'17 」のコラボレーション

    マルコメ、味噌汁を朝食の定番に復活 「モー娘。」とコラボ(2017.01.18)

     味噌汁を朝食の定番に復活させるため、マルコメと女性アイドルグループ「モーニング娘。'17」(以下、モー娘。)がコラボレーションし、3月下旬に数量限定でカップ入り即席味噌汁「モーニングみそ汁」=写真=を発売する。

     味噌…

  • 人事

    ヤマサ醤油、新社長に石橋直幸氏(2017.01.11)

     ヤマサ醤油は石橋直幸常務取締役を代表取締役社長に昇任させる。3月の取締役会後に就任する。社長を34年間務めてきた濱口道雄氏は代表取締役会長に就く。石橋氏は濱口氏の甥。

     石橋直幸氏(いしばし・なおゆき)1978年2月1日…

  • ニュース

    林 隆仁学長

    マルマン・旭松食品など、「みそ大学」を設立 産学連携で機能性研究と新製品開発(2017.01.06)

     【長野】味噌製造のマルマン、こうや豆腐・即席味噌汁など製造の旭松食品、飯田女子短期大学らを中心に、味噌の機能性研究や新製品開発などを行う「みそ大学」が昨年12月22日、長野県飯田市で発足した。林隆仁学長(マルマン社長)は会見で、「味…