日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

大塚食品、ボンカレー50周年「GRAN」新登場 日常のプチ贅沢提案

ニュース 2018.02.23 11665号 05面

金子忠晴執行役員製品部長(左)と濱口優

 大塚食品が展開する「ボンカレー」は50年目のこの春、新たな一歩を踏み出す。09年の「ボンカレーネオ」発売以来、9年ぶりに新シリーズ「ボンカレーGRAN」(200g・希望小売価格350円・税別)を3月5日から、全国で新発売する。フラッグシップの「ザ・ボンカレー」に次ぐ中高価格帯(300~399円)のプレミアムカレーとして、「日常のプチ贅沢(ぜいたく)」を提案する。

 15日に松竹芸能「新宿角座」(東京都新宿区)で開催した記者発表会で、金子忠晴執行役員製品部長は「レトルトカレー市...続きを読む

調味

  • ニュース

    金子忠晴執行役員製品部長(左)と濱口優

    大塚食品、ボンカレー50周年「GRAN」新登場 日常のプチ贅沢提案(2018.02.23)

     大塚食品が展開する「ボンカレー」は50年目のこの春、新たな一歩を踏み出す。09年の「ボンカレーネオ」発売以来、9年ぶりに新シリーズ「ボンカレーGRAN」(200g・希望小売価格350円・税別)を3月5日から、全国で新発売する。フラッ…

  • セミナー・催し物

    くらしお協議会、イベントで塩への理解深める たばこと塩の博物館と共催(2018.02.23)

     塩と暮らしを結ぶ運動推進協議会(くらしお協議会)は18日、東京都墨田区のたばこと塩の博物館と共催で消費者向け講座「意外と知らない塩と暮らしのお話」を開催した。

     「ひとりひとりにちょうどよく たのしくかしこく“塩を知り塩…

  • ニュース

    「PIN印」第1弾の「八方だし1リットル」

    Mizkan春の新商品 新ブランドなど順次投入(2018.02.23)

     Mizkanは1月25日から販売好調のCUPCOOKシリーズに「牛プルコギ炒めのたれ」を投入したほか、新ブランド「PIN印」(ぴんじるし)第1弾として本格料理だし「八方だし」、食酢飲料に新フレーバー「レモン黒酢」、「だし炊き釜めし」…

  • 人事

    エバラ食品工業、4月1日付組織変更・人事異動(2018.02.23)

     4月1日付

     〈組織変更〉

     (1)経営企画本部に「事業推進室」を新設し、中期経営計画達成への課題解決と次期中期戦略の基盤構築を推進する(2)マーケティング本部に「コミュニケーション部」を新設し、広報室を経営…

  • ニュース

    60周年キャンペーンで応募券付きの首掛けを付けて展開

    あみ印食品工業、「冷し中華スープ」60周年 秘蔵レシピなど紹介(2018.02.21)

     あみ印食品工業は2017年「炒飯の素」が発売60周年に続き、18年は「冷し中華スープ」が60周年を迎える。「冷し中華スープ」は東北で圧倒的な人気を誇るロングセラー商品。ヘビーユーザーはドレッシング、炒めもの、煮物など万能調味料として…

  • ニュース

    さまざまなメニューに利用できる「粒こしょう 生タイプ」(写真は「オレンジコンフィとブランマンジェ」)

    エスビー食品、「粒こしょう 生タイプ」多方面から高評価 「胡椒は果実」を具現化(2018.02.21)

     エスビー食品が昨年、業務用で発売した「粒こしょう 生タイプ」(50g)がユーザーから高い評価を得て、好調な推移を続けている。この商品は「もっと生に近いコショウを使えたらいいのに」という開発担当の思いからスタートしている。また同社は3…

  • ニュース

    エスビー食品、業務用「ざく切りパクチー」「本生 本わさび」発売(2018.02.21)

     エスビー食品は業務用で、「セレクトスパイス」に「ざく切りパクチー(茎入)」(=写真(下)、100g、1kg)と「本生 本わさび300g」(同(上))を新たに発売した。また「本生 本からし310g」と「おろし生しょうが270g」「おろ…

  • ニュース

    ケンミン食品、「中華街カレーライスの素」新たに「甘口」追加(2018.02.19)

     【関西】ケンミン食品は3月1日、ビーフン以外のドライ商品群で人気の高い「中華街カレーライスの素」に「甘口」(写真(上))、「野菜を入れてつくる」春雨シリーズに「白ごま担々春雨」(同(下))を投入し、ラインアップ強化を図る。

    <…
  • インタビュー

    みりん風調味料発売70周年記念インタビュー 福泉産業・佐藤順仁社長 「非凡なる平凡」を目指す(2018.02.19)

     【中部】創業322年を誇る福泉産業は、みりん風調味料を国内で初めて発売したことでも知られる醸造メーカーだ。現在は「新味料 福泉」という名で販売され、発売70周年を迎えた今も主力商品の一角を担い続けている。そこで、今回は、みりん風調味…

  • ニュース

    宣伝広告室・松田詩織氏

    ピエトロ、挑戦テーマに新商品攻勢 最高峰パスタ「シェフの休日」など(2018.02.16)

     ピエトロは今春、最大級の新商品攻勢を敢行、“挑戦”をテーマに大幅強化を図る。3月から順次、ドレッシング主力の280mlシリーズに新アイテムを追加するほか、非加熱製法を生かした新ジャンル「生ソース」を提案する。

     さらに、…

  • ニュース

    高井孝佳専務

    エバラ食品工業「プチッとごはんズ」 “2way”発想で市場に新風(2018.02.16)

     エバラ食品工業は、春夏新商品として、2way型のポーション調味料「プチッとごはんズ」を発売する。「煮込み」と「炒め」の180度異なる調理法が両立するごはんの素で、ぞうすいやチャーハンなどの二つのメニューから選んで作ることができる。同…

  • 展示会

    来場者はコーディネート例に見入っていた

    丸美屋食品工業、テーブルウェア・フェス出展 食器との相性提案(2018.02.16)

     丸美屋食品工業は4~12日、東京都文京区の東京ドームで行われた「テーブルウェア・フェスティバル2018」に出展し、商品と食器の相性を伝えた。「混ぜ込みわかめ」ご飯を、カラフルな有田焼に盛り付けるなどの「うつわスタイリング」を提案した…

  • ニュース

    既存品を辛口に仕上げた「100時間かけたカレー辛口」

    エム・シーシー食品、18年春の新商品 おいしさ最優先に話題性も(2018.02.16)

     エム・シーシー食品は、18年春の新商品として業務用で「カフェスタイルシリーズ」(業務用冷凍調理食品)2品、「冷凍スパゲティソースシリーズ」(同)2品をはじめとした6品、家庭用で「100時間かけたカレー辛口」(家庭用レトルトパウチ食品…

  • 決算

    ケンコーマヨネーズ、18年3月期第3四半期は増収減益(2018.02.16)

     ケンコーマヨネーズは9日、2018年3月期第3四半期連結決算を発表した。昨年4~12月末までの累計業績は、増収減益で着地。夏場の天候不順が影響し、コア商品の売上高が期初計画に届かず、通期の予想売上高を下方修正した。最終四半期は生産効…

  • ニュース

    カゴメ、個人株主へ決算説明会 企業情報ニーズ高まりで(2018.02.14)

     カゴメは7日、食品業界で珍しい、個人株主向け決算説明会(写真)を初めて開いた。経営戦略や業績といった、企業情報のニーズが高まっていると判断した。中央区の東京本社で開催し、「ファン株主政策は企業活動の中心」(カゴメ高野仁執行役員経営企…

  • ニュース

    BIB自動充填設備

    オタフクソース、業務用ラインに自動充填設備(2018.02.14)

     【中国】オタフクソースはこのほど、本社工場内の業務用商品製造ラインに、充填(じゅうてん)から箱詰め、出荷口への搬送などの工程を自動化した冷却装置付きの自動充填設備を導入した。同設備の導入で、作業工程にかかる人員が従来の5分の1程度に…

  • ニュース

    開発された「焼肉の糀たれ」

    高校生と老舗企業がコラボ 岡山発「焼肉の糀たれ」発売(2018.02.14)

     【中国】岡山県立岡山南高校の生徒と岡山県真庭市の老舗味噌メーカー河野酢味噌製造工場、藤徳物産はこのほど、「焼肉の糀たれ」を共同開発。4月1日から新発売する。

     岡山南高校商業学科では、岡山県商業教育協会が主催する「一校一…

  • ニュース

    新商品をPRする平田伸行マーケティング部部長

    ハナマルキ、即席スープに参入 簡便・本格・徳用で市場深耕(2018.02.09)

     ハナマルキは即席スープ市場に参入する。拡大するスープ市場で簡便・本格・徳用をキーワードに、味噌汁で実績のあるシジミを使用した商品を投入する。拡大が続くスープ市場を深耕するのが狙い。7日に東京本社で行われた新商品発表会では、香りに焦点…

  • ニュース

    新商品を手にする林孝昌 氏(左)と山本彩乃氏

    キユーピー、新サラダスタイル提案 “塩”で新需要を(2018.02.09)

     キユーピーは今春、“塩”でスタイリッシュに楽しむ新スタイルのサラダを提案する。16日発売の粉末タイプ野菜調味料新シリーズ「サラダソルト」(3品・後日詳細)を通じ、シンプルな食べ方で野菜本来の魅力の楽しむサラダスタイルを広く訴求する。…

  • セミナー・催し物

    浅見徹理事長

    全日本スパイス協会、新年賀詞交換会を開催 覚悟試される一年に(2018.02.09)

     全日本スパイス協会は2日、東京都千代田区のグランドヒル市ヶ谷で新年賀詞交換会を開催した。今回も例年同様に、日本からし協同組合や日本乾燥野菜協会などからの参加があり盛況な会となった。

     浅見徹理事長(日本スタンゲ副会長)は…

  • キャンペーン

    新スタイルのサンドイッチ「サラダサンド」を提案

    キユーピー、「ハーフ」新CMでサラダサンド訴求(2018.02.09)

     キユーピーは3日から、「キユーピーハーフ」の新TVCM「サラダサンド篇」を全国放映している。人気俳優・福山雅治を起用したシリーズ28作目で、同品をパンに塗り、野菜などの具材を挟んで片手で楽しむ新たなスタイルのサンドイッチ「サラダサン…

  • ニュース

    マルトモ、業務用白だし投入 “にごり”が決め手(2018.02.09)

     【中国】マルトモは、鰹節超微粉末の“にごり”を生かした、今までにない新発想の「業務用にごり白だし1.8L」(写真)を3月1日から新発売する。

     同商品は、“にごり”の素である超微粉末化した枕崎製造の鰹節を加えることで、鰹…

  • ニュース

    右上から時計回りに「もやしナムルの素」、「白菜そぼろあん」、「ピーマンのコク旨たれ」、「なすのコク旨たれ」

    マルトモ、レンジ「お野菜まる」発売 あえるだけで副菜に(2018.02.09)

     【中国】マルトモは、北海道産昆布と枕崎製造鰹節を原料にしたレンジアップ商品の「レンジ『お野菜まる』」4品を3月1日から新発売する。同社ではこれまで、「だしを利かせているため、塩分を抑えても野菜をおいしくたくさん食べることができる」を…

  • ニュース

    食を通じた健康維持のニーズに対応する「ケンコーリファイン ごぼうサラダ」

    ケンコーマヨネーズ18年春夏新商品 素材、作業性、安全・安心を追求(2018.02.09)

     ケンコーマヨネーズは2018年春夏新商品として、15日から7アイテム、3月1日から1アイテムの合計8アイテムを投入する。人口減少、高齢化率の上昇、単身世帯の増加、女性の就業率の上昇などによる中食市場の伸長を背景に、(1)素材のおいし…

  • ニュース

    ジャン 焼肉のたれ限定パッケージデザイン、左から80g、240g、400g、同バーベキュー限定パッケージ

    モランボン、「ジャン」39周年で限定パッケージ発売 サンプリング配布も(2018.02.09)

     モランボンは、精肉売場向け商品「ジャン 焼肉のたれ」発売39周年を記念し、15日から期間限定の「サンキューパッケージ商品」を発売する。400gサイズではバーベキューシーンにぴったりな限定ラベルも用意し、4月中旬から順次発売予定。加え…

  • セミナー・催し物

    参加者がお好み焼きを調理

    オタフクソース大阪支店、“健考”お好み焼教室開催 実演・調理楽しむ(2018.02.09)

     【関西】オタフクソース大阪支店は1月31日、大阪市西区の大阪お好み焼研修センター(同支店内)で「“健考”お好み焼教室」を開催。近年は健康意識が高まる一方で、男女ともに野菜不足や栄養の偏りが顕著となっている。背景には調理に手間をかけた…

  • ニュース

    創味食品、拡販狙い小容量品発売 たれ・ソースに新味(2018.02.07)

     【関西】創味食品は3月1日から、「小容量たれシリーズ」として5アイテムのたれ・ソースを発売する。これまでに培ってきた、たれ・ソース類のノウハウと自社充填(じゅうてん)システムを活用し、多品種少ロットでの惣菜類の提供が進むSMをはじめ…

  • 展示会

    一押し商品をPRするグループ支社長、支店長

    味の素グループ東北6社、仙台で春季施策商談会開催 ASV理解向上を(2018.02.05)

     【東北】東北地区の味の素グループ6社は1月25日、ホテルメトロポリタン仙台で春季味の素グループ施策商談会を開催した。味の素が掲げるASV(Ajinomoto Shared Value)の理解向上や東北の旬素材、地域メニューで地域密着…

  • ニュース

    「京のドレッシング」シリーズ2アイテム

    創味食品、業務用「京のドレッシング」シリーズ発売(2018.02.05)

     【関西】創味食品は3月1日から、業務用新商品として「京のドレッシング」シリーズを展開し2アイテムを発売する。同シリーズは京都の素材を使い京都の工場で生産する、京都市に本社を置く同社ならではのドレッシングだ。

     「創味 聖…

  • セミナー・催し物

    江崎勝久理事長

    全日本カレー工業協同組合、新年パーティー開催 組合員間協力誓う(2018.02.05)

     全日本カレー工業協同組合は1月22日、東京都千代田区で新年パーティーを開催し、組合員間の協力を誓った。同日の「カレーの日」の記念キャンペーンは2万3000通の応募を得た。

     江崎勝久理事長(江崎グリコ社長)は「先日の全日…

新製品 調味