製粉大手4社合計、増収増益で着地 基幹事業伸びる

小麦加工 決算 2019.05.17 11877号 01面

 製粉大手4社の19年3月期連結決算が出揃った。4社合計の売上高は1兆2115億4700万円(前年比5.7%増)、営業利益507億4500万円(同8.6%増)と増収増益となった。4社とも中核の製粉事業の成長が要因となっている。製粉事業は、輸入小麦の政府売渡価格が引き上げられたことに伴い、価格改定を実施したことが、収益改善につながっているようだ。  日清製粉グループ本社の製粉事業は、国内事業において小麦粉価格改定や国内ふすま価格の堅調な推移とあわせて、カナダおよびタイといった海

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら